第4回「夢企業大賞」受賞者決定!! 表彰式を開催しました。


受賞者一同
受賞者一同

三島信用金庫理事長 稲田精治
三島信用金庫理事長 稲田精治

選考委員長 堀江良則氏
選考委員長 堀江良則氏

 4月24日(木)、サポートセンター夢にて「第4回夢企業大賞」の第2次選考会・最終選考会を開催しました。外部の学識経験者などの有識者等で構成される選考委員会にて、第1次選考を通過した13社のビジネスプランのプレゼンテーションを厳正に選考した結果、受賞3組が決定しました。なお、今回の最優秀賞には、革新性や地域独自性が際立った2つの事業が選ばれました。
 応募いただいた皆さまには中小企業診断士の資格を持つ職員や大学等の有識者によるアドバイス、外部専門家の派遣を通じて、事業化をトータルでサポートします。

応募総数
56社
1次選考通過
13社
受賞
3組



  • ※第4回「夢企業大賞」表彰式用に作成された映像となります。
  • ※映像・内容は、平成26年5月時点のものとなります。

受賞企業のご紹介


企業名 応募テーマ
最優秀賞 株式会社山本食品
有限会社小林金属製版所
株式会社四ツ葉テック
不二高株式会社
(異業種ネットワーク事業により連名にて受賞)
異業種ネットワークを通じた「町工場発こだわり雑貨・3CCブランド」
http://www.yamamotofoods.co.jp/inaseya/
優秀賞 加和太建設株式会社
複合商業施設「大社の杜 みしま」の建設、運営
http://taishanomori.jp/
ルーキー賞 伊豆ホーリーズ株式会社
ベリッチジャム
http://www.hollys.jp/jam.html 

※最優秀賞は選考委員会の決定により、2事業が最優秀賞となります。


最優秀賞

株式会社山本食品、有限会社小林金属製版所、株式会社四ツ葉・テック、不二高株式会社

※異業種ネットワーク事業により連名にて受賞

テーマ
異業種ネットワークを通じた「町工場発こだわり雑貨・3CCブランド」
概要
日本の技術を下支えしてきた「町工場」の主な業務は、最終製品を制作するのではなく、完成品に使われる一部品を供給すること。切削・研磨・形成・印刷といったひとつの加工を専門に請け負うその技術の高さと繊細さで、身近な品を作ってみよう!そんな発想の元生み出される「町工場発こだわり雑貨」を、現在大社の杜内「鯔背家」にて展開中。時として「下請け」とも称される、縁の下の力持ち的存在の工業系「職人」と、お客様と直接に接することを得意とする販売系「商人」の両者が「3CCブランドチーム」として、共同で商品企画・試作・包装・店舗作り・陳列そして販売まですべての行程を作り上げている。

最優秀賞

加和太建設株式会社

テーマ
複合商業施設「大社の杜 みしま」の建設、運営
概要
地域の活性化を目的に、現代の手法で三嶋大社前に人が集う場所を生み出すべく、複合商業施設「大社の杜 みしま」を建設、運営。「アソビが生まれる粋な路地裏」をコンセプトに、魅力ある場所・時間の開発・創出とユニークな商品・サービスの開発支援によるブランディングを行っている。現在「大社の杜 みしま」には特徴ある12店舗が出店し、その他、月貸スペースやウッドデッキ、大型スクリーン、音響設備を用意し、短期利用にも対応。色々な取り組みや新しいちょっとしたチャレンジを行う様々な人の発表の場として、文化・芸術の発信地として広がりを見せている。

ルーキー賞

伊豆ホーリーズ株式会社

テーマ
ベリッチジャム
概要
平成24年創業、伊豆の国市にていちごを生産・加工(ジャム)・販売。収穫後直ちにしぼみ始め3日で品質が半分に下がってしまう生いちごのおいしさをどうすればいつでもお客様に届けられるか、キズのつかない販売方法はないのか…そこで生産農家ならではの無添加ジャム製造に着手、果物をそのまま食べているような新しい食感といちご本来の色と香りを生かす製造方法を追求。ジャムを詰める瓶やパッケージデザインにもこだわり、ギフトにも対応することで、百貨店やホテル、サービスエリアなどに販路を広げている。



応募申込期間
平成25年12月13日~平成26年2月14日
1次選考(書類審査)
平成26年2月下旬~3月下旬
2次選考(プレゼンテーション審査)
平成26年4月24日 会場:サポートセンター夢3階会議室(三島市新谷155-1)
表彰式
平成26年5月12日 会場:本部5階会議室(駿東郡長泉町下土狩96-3)