三島信用金庫

採用Q&A


Q1.信用金庫と銀行の違いを教えて下さい。

 
A.信用金庫は地域に密着し、地域の発展に貢献します。
信用金庫は「地域の方々が利用者、会員となって、お互いを助け合い地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした協同組織の金融機関」が大前提。銀行が、国内外の広域を営業地盤に、あらゆる企業と一般住民を取引対象とするのに対し、信用金庫は限定された地域の中小企業と個人(国民大衆)を対象に、より地域に密着し、地域の発展に貢献することができます。また地域の金融の円滑を図り、その貯蓄の増強に資する目的を持つ「協同組織」であるため、地元の中小企業や住民の皆さまから資金をお預かりし、地元で資金を必要とする方々にご融資を行って、事業や生活の繁栄のお手伝いをすることを主眼とします。
 
 


Q2.入庫後の配属先は?また、どのような仕事を経験するのですか?

 
A.配属先に関しては、原則どの店舗でも配属の可能性はありますが、通勤負担などを配慮した上で決定しています。また、入庫後は預金や融資の後方事務を担当し、基礎実務、事務オペレーションなどの知識技能をOJTや集合研修を通じて学びます。その後、預金窓口、融資窓口、営業を担当し、入庫4年間で全ての業務をひと通り経験します。
 
 


Q3.新入職員研修には、どのようなものがありますか?

 
A.社会人としての心構えや札勘を学ぶ第一次集合研修、社会人としてのマナーと基本業務知識を学ぶ第二次集合研修、事務処理オペレーションの基礎・操作方法を学ぶオペレーション研修などがあります。また日常業務については担当職務の先輩がマンツーマンで親切丁寧に指導します。
 
研修制度について
 
 


Q4.福利厚生施設には、どのようなものがありますか?

 
A.主な施設として、リゾートトラストとの契約があり、系列ホテルが各地にあります。職員およびその家族が利用でき、土日や連続休暇を利用して家族旅行、同期会、営業店の慰安旅行などに利用し、気分転換を図っています。
 
 


Q5.資格など持っていませんが信用金庫の仕事がつとまりますか?

 
A.大丈夫です。たとえ今、なんのスキルを持ち合わせていなくても、入庫後に取得できる資格や検定が数多く揃っているため、自身の努力でハイレベルな専門知識や豊富なキャリアを蓄積することができるので、がんばりましょう!
初級職員講座、預金講座、融資講座などの各種通信講座のほか、先輩職員がジョブトレーナー・メンターとなり、きめ細かな指導を行うことで、確実に仕事を身につけることができます。
 
 


Q6.入庫後に取得できる資格や検定はありますか?

 
A.さんしんでは教育・研修制度が充実しています。これだけ豊富で充実したラインナップはほかにはない、と言われるほどです。さんしんでは自分自身のキャリアを自分で高めていける体系がしっかりと確立されています。資格の取得を目指し、そして価値ある人財を育てることを主眼に、職員個々の自主的な能力向上をサポートしています。職員一人ひとりがハイレベルな専門知識と豊富なキャリアを蓄積することで、地域の皆さまに確かな「安心感」を届けられると考えています。
自分自身のキャリアを自分で高めるための充実した研修制度が整っています。
 
研修制度について
 
 


Q7.経営の健全性、安全性について教えて下さい。

 
A.さんしんの自己資本比率は平成29年9月末で22.57%、国内基準の4%を大きく上回っています。これは全国の金融機関でも有数の高い比率です。また不良債権についても引き続き厳格な自己査定を行い、同時に企業の事業再生と経営改善のための支援に取り組み、不良債権の発生防止にも努めています。
 
 


Q8.休日・休暇は、どうなっていますか?

 
A.土・日(完全週休二日制)、祝日、年末年始が休日となっています。年次有給休暇は初年度14日付与され、この範囲内で連続休暇などの取得が可能。連続休暇は年1回連続5日間有給休暇を取ることができ、前後の土日を併せると9日間の長期休暇となります。
 
 


Q9.地域貢献活動への取り組みについて教えて下さい。

 
A.さんしんカップ少年サッカー大会、みしまサンバパレード、伊東温泉花笠踊り、戸田港祭り、萬城の滝祭り、大諏訪線北自治会納涼祭、函南町駅伝大会、伊豆マラソンの後援やボランティア参加など、地元での文化活動、清掃活動、地域行事などへの参加を通して、地域の方々とともに明るい街づくりに取り組んでいます。
 
 


Q10.採用に有利な学部や学科はありますか?

 
A.全ての学部・学科の方を選考対象としており、人物本位での選考を行っています。どの学部・学科が有利・不利ということは一切ありません。さまざまな学部・学科の方の応募をお待ちしています。