創立100周年記念 of 三島信用金庫

head_840x60.gif

理事長写真.jpg

ごあいさつ


 三島信用金庫は、平成23年1月21日に創立100周年を迎えることができました。
 これもひとえに、地域の皆さま・会員・総代・お取引先からのご支援の賜と、深く感謝いたしております。
 24歳の青年、創業者の大村善平は、一般の商工業者が資金の手当てを無尽(頼母子講)や個人の金融に頼るしがなかったことを憂い、中小事業者を復興する目的で明治44年1月21日に「三島信用組合」を設立しました。
 創業以来100年は決して平坦な道のりではありませんでしたが、会員の皆さまをはじめ、地域の皆さま、金庫を支えてきた全役職員等の皆さまのご努力により、多くの試練を乗り越え、「さんしん」は発展してきました。
 設立当時は、創業者の自宅を事務所に89名の組合員でスタートしました。平成22年9月末現在では、店舗数52店、会員数63千人、預金量7、539億円の信用金庫に大きく成長することができました。
 これからも、安心して、ご預金・ご融資・資産運用などのお取引や各種ご相談をしていただけるよう健全経営に徹してまいります。また、質の高い金融サービスをお届けする「地域のホームドクター」として、地域の皆さまの信頼や期待にお応えしていきたいと考えております。
 引き続き、より一層のご支援をお願い申し上げます。


平成23年1月


稲田さん文字.gif